はなぐみ観劇

せっかくブログを公開することにしたのだから私の記録用にしようかと。

6月9日はなぐみさん観劇。Sさんと共に。

まず2人して体調がよろしくない。電車に乗るなり早くこの時期が過ぎ去ればいいのに・・・と愚痴る。

あと2~3年だろうか?彼女が2歳上だから2人して更年期終了~と身も心もすっきりするまであと5年?長いなーあと3年を目安にしておこう。

 

今回は私の希望でチケットを取ってもらった。とっぷさんが美人さんなくせに優しそうだったので見てみたかった。理由はそれだけ。

あともうひとつ理由をつけるならば脚本家の先生が「大石静」さんだったこと。私達世代が見たドラマの脚本を何本も書いてらっしゃる。

基本的にわかりやすいお話が好き。下調べをしないで行くから難しいと疲れちゃう。

 

席は後ろの方だったけど全然問題なし。お目当ての人がいるわけでもないので全体的なお芝居が見れてショーも全体が見えて楽しくすごせた。

驚いたのがお値段。3400円でしたわ。じゃにの値段に慣れすぎてる・・・・。

よろしくない。

 

感じたこと。歌える人がいるということは素晴らしい!ここぞという時に登場し場をひきしめるベテランさんの存在が大きいと思う。もしあの方がいなかったらのっぺりとした作品になってしまったのではないかな?

 

ここで気になるのがゆうまくんの主演舞台。どう作りあげてくるのだろう?

出演者は何人ぐらいにしてくるのかな?舞台セットはどんな感じに仕上げてくる?

舞台装置はどんなん?衣装は?気になることだらけ。

 

ゆうまくん自身は声量が気になるところ。いや~いい時期にもりくみさんから発声を見て貰ってありがたいことである。プレゾン2010年。もうね、声が出てなくて、出てなくて。ダンスもふらっふらだしwww。観劇後娘達との会話がね。。。なんともね(笑)

 

 舞台演技は演出家さん、よろしく頼むよ・・・としか(笑)どんどんダメだししてくれよって。英語はできるようになってるのでしょうか?英語の学校の話は禁句なのでしょうか?トラビスと一緒に過ごしたのだからすこしは理解できるのでしょうか?どうにもこうにも彼の素がわからない。

 

分かりやすそうにみえてさっぱりわからないのがゆうまくんである。ドリボの会見でたまちゃんからエリートというワードが出たとき一瞬表情が変わった気がしたのですけど?あれ気のせい?すぐに優しい微笑みに戻したけど・・・。こわいわー!あの少年ほんとこわいわー!だからおもしろいわー!まだ21歳だなんておもしろすぎる♪

 

次は7月につきぐみさん。驚いたのは来年同じ内容の舞台をてっぺいちゃんが帝劇で演じるらしいこと。てっぺいちゃん帝劇主役!驚いたっ!いつの間にそんな大きい俳優さんになっていたのでしょう。

広告を非表示にする