読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BARFOUT!なゆうまくん♪その①

ご覧になりました?

750円ですって。

わかります。なかなかのお値段です。
このご時世雑誌になぞそんなにお金かけれません。


しかし腹黒いわたくし、この手の雑誌で表紙なぞさせて頂いたら迷わず購入致します( ・`д・´)


なかやまゆうまくんの表紙評判いいみたいだね。予約状況もよかったらしいよ。
とか…。

なかやまゆうまくんはアーティストっぽくていいね。彼はアイドルのくくりじゃもったいないよ。
とか…。

なかやまゆうまくんは取材の時も勘がよかったらしくてスタッフべた褒めだったらしいよ。
とか…。

今回売り上げもなかなかよかったらしいよ。
とか…。

言われたい\(^o^)/



関係者の間で噂になっていることを密かに望んでおります( ・`д・´)

真剣です。

私は常に真剣にゆうまくんの事を考えています!



話が逸れた!


BARFOUTってな雑誌は今回初めて知りました。まぁコジャレた雑誌でございます。


でも調べてみるとこの雑誌関係者ってプライドもってお仕事してる感じがしたのです。


「10代、20代のアクター、アクトレス、アーティストが自分で吐き出す=表現活動を批判するのでなく応援する雑誌です。」


と、宣伝文句を作ってます。批判するのでなく応援する雑誌です。ですって!カッコよ(^^)v


「不景気ということもあり目線がどんどん内に籠っている日本。そこからはクリエイティブなものは生まれません。」


ヒュ~なかなかお上手(^^)v


「世界に向けて東京のカルチャーを紹介する目線で創ります。」


う…うん。なんだか難しくなってきたヾ(゚д゚;)

要約すると(笑)

「ニューヨーク、パリ、ロンドン、ミラノ、ソウル、北京、台北他、各都市で販売します。」

ですって!
ゆうまくんのどアップの表紙の本が外国の書店に並んでいるのを想像したら…ニンマリ(^w^)

イタリアとかイギリスとかフランスとか(*´∀`)

きゃ~カッコよ(^^)v

だから表紙はこのお写真なんだね、と納得。

本を開いてみていろいろ違和感があって。
ゆうまくんはなんのくくりなんだ?と。

ドリアングレイの宣伝しかないから俳優か?

歌手の人も掲載されてるではないか!

ん?と疑問なままパラパラとめくる。

あーアーティストでいいっか!くくりはアーティストだ!
と私の中で私自身が勝手に納得。
ちなみにアーティストを調べたら芸能人とでた(笑)

面白い。もうどうでもいい。細かい事は気にしない(笑)

その疑問が生まれた時に
「じゃあ、この本はどの客層を狙って作っているのだ?」と思い調べてみた。

この本の購入対象者。

読者層は男性36%女性64%。

年齢層は20~24歳28%25~29歳26%。

職業は会社員44%大学生、院生18%。

とまとめてありましたわ。

要するに20代のOLさんが手に取る本なのでしょう。

そして、30000部発行。

多いのかどうかもよくわからんが…ヒュ~カッコよ(^^)v

続く(^-^)/