読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山さんちの優馬くんって面白いよね?

私が優馬くんに興味を持ったのがNHKバッテリーの初回放送。

なんてことはない。ニュースをつけっぱなしにしていたら流れてきたのである。

次女と優馬くんがタメである。
ってことは当時中3の4月…15歳若いっ!

受験が始まり、私は連日送迎ばかりしていた。
長女は3歳違い・・・ってことはこちらは大学受験。

そう。塾の送迎が二人。
それも違う塾。方向も正反対。
夫はあてにできない。
時に実家に頼り仕事は必死に定時に終わらせる日々。

今でもはっきり覚えている。
次女をお迎えに行こうと準備をしていた私の目に飛び込んできた!
そうです。中山さんちの優馬くんです。

テレビ画面いっぱいに映る顔面♪
綺麗なお顔♪
するどい目♪
しっかりとした眉♪
固く結ばれた唇♪

なんてことはない。一目惚れであろう。

連日疲れ果てていた私にす~っと入ってきた。

バジルが、ハリーが、最初におちたのも顔面でしょ?

そうよ!人間顔じゃないわ!とか言いながら…結構顔から入ると思うの。

で、そこからが違うのが我らが優馬くん。

今でこそ天使、天使言われているけど当時の優馬くんはそれはそれはひどい言われようだった。
ん?違うな。書かれようだった。

文字って残るから嫌だったなぁ。
まぁ今も嫌だけど。
見なきゃいいのにひどい書かれようの文字群を見てしまう。
何度も読み返して自分で自分の心に傷つけてたwwww
あほだ~!

いつからだろう?
優馬くんが悪く書かれなくなったのは?
勿論表に出てこないだけで今でも裏ではボロカスかもしれないけど。
表に出てこなくなったってことはそれだけ相手にされなくなったのかな?
またそれも悲しいが。

とにかく最初の頃の優馬さんのやる気のなさ。

あれじゃあ否定されるわね。やる気がないのに仕事は入る。
雑誌には載る。

でも当時はジャニーズとかしらないからそんなもんだと思ってた。
今売り出したい子なのね…って感じ。
でも途中からわかってきた。
うん。これじゃ敵作るわね、と。

優馬くんが努力をしていなかったわけじゃないと思う。
今から比べたら少しだけかもしれないけど彼は彼なりに努力していたと思いたい。

だいたい自分からジャニーズに入りたいと強い意思を持ってオーディションを受ける子と、
500円あげるからお願いだからオーディションいってくれないかな?
って子にスタートから意識の差があるのは仕方ないと思うんだ。

で、否定ばかりされていたやる気のない少年が私はなんか面白くて(*^^*)

余りにも素で仕事をしているんだもの。

気になって気になって。

で、ラジオの仕事で本格的に優馬くんにはまった。

面白いんだもの。中山さんちの優馬くん♪

ラジオをずーっと欠かさず聞いているのに彼の変化になかなか気づけない‼

彼女がいた時もあっただろうか?別れを経験した時もあっただろうか?

ほんとわからないっ!気づかせない優馬くんってばほんと凄い‼

私は中山さんちの優馬くんが面白くてたまらん。

時々洩れてくるブラック優馬。
これがまたたまらんのである。
どこまでが真実なのか?
深いところはボヤけていていいのでしょう。

繰り返すが中山さんちの優馬さんが面白い‼

そんな優馬さんの今。
孤軍奮闘と思いきやそこを武器にしている。

すんらさんは劇団四季を退団して孤軍奮闘中。

徳山さんも子役出身でライダーやってレンジャーやらなんやら役者としては孤軍奮闘中。

みみちゃんは宝塚やめて孤軍奮闘中。

そんなことも含めてなんとなく優馬さんを座長として認めてくれてるのかな。



ジャニーズっぽくないくせにジャニーズ大好きな優馬さんのこの先の芸能生活が楽しみでならないのでありますよ(^_^)v

面白いでしょ?中山さんちの優馬くん♪