読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代な優馬さん♪

時間が取れたのでメイキングを見ました。


ちょっと感じたことがあったのでブログに残そうかと。



数年前知り合ったゆまともさんがよく言っていたことがあります。優馬くんは、甘すぎると。


だから彼女は例の噂でゆまおたをリタイヤしてしまったのです。許せないと。


私ずっと賛同できなくていたんですね。だって優馬くん一人で頑張ってるじゃん。なんでファンがそこまで厳しくするんだろう?って。


私には息子がいないからわかんないのかもしれないと思っていました。でも今やっとわかった気がする。。。



getupのメイキングが素晴らしいのですよ(^^)v



ダンス経験豊富な雄大くんが言う半端ないダンス。

あれを何回も踊らないといけないわけで。

中途半端な仕上がりだとダンサーさんにも迷惑がかかるわけで。

何よりやらっちの立場が悪くなってしまうじゃないですかっ!

だから、プレゾン本番前に自主連をしたのでしょう?

ストイックになったのでしょう?

はいっ!これです。優馬くんに必要なのは『ストイックな気持ち』ではないかしら?



だから事務所は関西と組ませなかった?

だから山田くんの横に優馬くんを置いた?

だからタッキーの下で学ばせた?

だからソロの道を歩ませた?

だからやらっちを振り付け師という名目で脇につかせた?



え~~どうだと思います?

あながち間違っていないと思うんだけど~\(^o^)/


だから私の好きなプレゾンは2012‐2013‐2015なんじゃなかろうか?


2012は事務所で生きてくと決めた年。

2013はぴんとこなと並行してた年。

2015は座長の代わりをこなしてた年。

あ~もうそうとしか思えない!!!



だから、ソロツアーは大成功だったのでは?

だから、ドリアンの肖像は大成功だったのでは?

だから、ドリボは大成功だったのでは?


順番に書いて行くと関西→山田くん→タッキー→やらっちと順々に組ませては離していくように思えてきました。

これが教育なのかしら?

帝王学なのかしら?

次は厳しい厳しい光一かな。

光一の下で学んでほしいなぁ。

欲を言えばそのあとに東山大先輩の下での修行。


ゆとり世代の優馬くん。
間っ子の優馬くん。
女姉妹に挟まれて育った優馬くん。



根っこから教育し直さないとダメだったのではないかな?