読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八神くんな優馬くん♪パート2!

八神くんについて書こうと息巻いていたら公開日がきましたよ。

7月2日♪松竹と関西テレビが関わっている感じ?

監督さんも脚本家さんも判明。

なうにも書きましたが翼恋の関係者がいるかもと知りとても嬉しく思っております。

翼恋の監督さんに優馬くんのこと聞いたりしたかな?

結構なんでもやるからやらせちゃいな!とか言われたかな(笑)

なんなら女子のパンスト破いたり女子に乗って生まれたての鹿みたいなこともするからなんでもさせちゃいな!とか言ってくれてないかな(笑)


降霊会があるみたいだから1巻の5話であろうと予測しました。
外れたら…知らない♪

では5話のことを少々。




オカ研に依頼人がきます。
名前は静香。
この人は単なる依頼人。

話は静香の妹、巴絵(中2)が中心になって進む。登校拒否&引きこもりになってしまったから助けてくれと。

原因は友達(樹里子)の自殺だと思うからと。

なんやかんやあってwwwwwwwww

ふざけ半分でやっていたコックリさん的なもので本当の霊が出てきてしまう。

自殺した樹里子が巴絵の体を乗っ取ります。

でまたなんやかんやあってwww

その霊が森司の大好きなこよみの身体に入ってしまうのですよ。

大変なのはこよみちゃん。
たちの悪い霊が入っちゃったから別人にならないといけないわけで。

二役みたいな感じにならないといけないわけで。

ぱるるの演技力がわからないのだけど…大丈夫でしょう!

現場の雰囲気はよかったみたいだから。

座長がちょっとすっとこどっこいな感じだから(笑)


前半八神くんの出番はほとんどありません。
後半こよみちゃんの身体を乗っ取られてから八神くん怒ります!
めったに怒らない八神くんが怒ります!

劇おこです!

八神くん人生初の劇おこだそうです!

セリフもたくさん!

自分の容姿が嫌いだったから自殺した樹里子。
可愛い身体を手に入れた樹里子。


『この体すてき。もう誰にも邪魔させない。今度こそ私は私のしたいように生きるのよ。』

と、うっとりしながら語る樹里子。(演じるのはぱるる

怒りの森司!
『おれが邪魔してやる』

『ああ、どうせおれは気持ち悪いよ。片想いをこじらせたストーカー野郎だよ。』

『いいか、お前がその体に入ってる限りおれはお前につきまとってやる!かたときも安まる暇のないほどお前を追い回してやる!』

樹里子が後ずさる。
その背が壁にぶつかった。
森司は歩みを止めない。
さらに、一歩踏み込んだ。
至近距離で樹里子と目があった。

『その体にいる限りお前はおれに追われ続けるんだ。……おれは何があっても諦めねえぞ!』

樹里子は悲鳴をあげた。
こよみの体ががくっと崩れ落ちる。

このシーンを妄想してみて下さい。
樹里子は=ぱるるなんですね。

至近距離ですって(*´ω`*)
あらやだ照れちゃう( 〃▽〃)


映画の一番の見せ場でしょうね\(^o^)/

そして小説ではのほほんとした部室でのやり取りで話を締めています。

必死に闘った森司のことなど何ひとつ覚えていないこよみ。

二人のほんわか笑顔で終わります♪


松竹の映画戦略を調べてみましたが…
うん。わかった。
と思いました(((^^;)

楽しみに待ちましょうね(*^ー^)ノ♪

みんなで待ちましょうね(*^ー^)ノ♪