読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑誌でも堂々といちゃこらする2人をただただ微笑ましく見守ることに決めた。。。

D誌の話ですよ・・・。

べたべたべたべたと・・・。

悪いとは言いません。

少々羨ましいだけ。

言い方変えれば嫉妬?

 

いつからこんなに仲良くなったっけ?と話す2人。

『おうちでたこぱ~するから来ない?

って誘ってくれたじゃないですか~♪あれからですよ♪』

 

見える~見えるわ~ハートマークがふわふわと舞っているわ♪

ピンクのハートね。

ふわふわふわふわと舞っているわ。

 

雄『えっ!?覚えてないや・・・。』

まったくもって女ったらし!

こやつはこうして学生時代から何人もの女心をがしっ!と掴んできたのでありましょう。

私には見えます。

本人は意識なく言った言葉に女達がはぁ…となっているところが。

 

今日はそんな女ったらしに心を掴まれた少女が(?)めでたく両思いになるお話。

 

ある夏の日。

雄『大阪人ってさ~たこ焼き作るのやっぱ上手い?今日うちでたこ焼き作るけど来ない?』

上京したばかりで親しい友達もいない少女は素直に嬉しかった。

ただ遊ぶのでなく自宅においでと言ってくれた。

出会って2年目の夏。2人の距離は一気に縮まった。

 

ん?

なんかおかしくね?

こうして書いてるとどこぞの少女マンガじゃね?

 

まだ続くのです(笑)


あれから何年たったのだろう?

もう6~7年になるだろうか・・・。


最近は2人の間で役割分担ができてきた。

ボケとツッコミがいい感じになってきたのである。

彼がボケ担当。

少女がツッコミ担当。


優『さっきのボケよかったょ♪』

こっそり耳打ち。

雄『あれ意外に恥ずかしいんだけど。』

と照れる彼。


はぁ?

なんなのかな?


たまにボケとツッコミの立場が逆転する…らしい。


優『ボクがボケたときもニヤッとするじゃないですか~。』

雄『そう!ゆーまはボケもいけるんだよね♪でもこれはすべりそうだなってボケはしない。

オレは後輩の前ですべってなんぼだと思ってるから』


優『そんなオチャメで純粋なところがゆーだいくんの魅力なんです♪』

雄『そういうことをサラッと言えちゃうのがゆーまの魅力なんだよ♪』

 

( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


何でこの2人はお互いの魅力を褒め称えあってるの?

テーマそんなんだったか?


ハート飛びまくりですがな!!!

 

優『ゆーだいくんとは自然体でいられます。

考え方や視点が似てるし。

深く説明しなくても分かり合える。

だから一緒にいて心地いいんだと思います。』

 

雄『なんか似てるんだよねぇオレら。

ここまで気持ちをシンクロできるヤツ他にいないよ。

おかげでホントは知られたくないことまで知られちゃってるし。』

 

優『ゆーだいくんだってボクの闇の部分まで知ってるじゃない?』

 

はははははははっ♪


両思い万歳!


辰巳よ!辰巳くんよぉ!

今度奢るからさ~優馬くんの闇の部分こっそり教えてくんないかなぁ?


雄『わかりやすく言うとオレは人前で弱いとこ見せたくないわけ。メンバーにさえ見せないのに…なぜかゆーまには見せちゃうんだよね。』


はいはい。

こちとら結構お腹いっぱいよ…。


優『一緒に映画は行ったことないですよね?ボク一人でふらっと行っちゃうからなぁ。』

雄『オレも!だからかっ!!』

優『1度映画デートしてみます?』

雄『行ってみようか?』


……………。


雄『落語はどう?オレたまに寄席に行くんだ!』

優『落語好きです♪今度連れてって下さい♪』


……………。


ピンクのハートが舞いすぎだから。


なんかもう好きにしたらいいとおもう。

落語も映画も行ったらいいとおもう。

思い出をたくさん作ったらいいとおもう。

そのうち2人のフォトダイアリーなんて発売したらいいとおもう。


……………。


優『地元の友達が来たときご飯連れてってもらったじゃないですかぁ。気を使ってもらってすいません。』


雄『全然!地元の友達を紹介してもらえるなんて逆に嬉しいよ!』


優『みんな今度はいつゆーだいくんに会える?って言ってます♪』


地元の友達に紹介済。

お互いのご両親にもご挨拶済?

でしょうね。そうでしょうね。

そこ大事だもんね。

早い方がいいもんね。


雄『お前さ~いつからオレのことゆーだいって名前っで呼ぶようになった?』

優『え~おぼえてないよぉ♪


やばっ!

私の表現がちょっと変な方向に行ってる(笑)

でもおおよそこんな感じの会話。

間違っていない!

そんなはずないっしょ?

またまた大袈裟に書いてくれちゃて…。

そう思った方…本屋でD誌をパラパラってしてみてご覧なさいな。

写真付きでいちゃこらしとるから!


優『オレに不満ありません?』

雄『だからぁ~オレの秘密を知りすぎてるところだってば!』

優『そうでした!テヘッ♪』



頑張れ~♪


みんな頑張れ~♪


いちゃこらに負けるな~♪


今という時を大切に大切にしている2人に幸あれ(*^.^*)