読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それいゆの何がすごかったってキャスト、スタッフ、まるごとみんないい仕事してたってことだと思うの。

今回の劇場は六本木ブルーシアター。

ドリアンの時のめっちゃゴージャス感のある劇場とは少々違います。

座席数は900ほど。

ほどよく傾斜あり。

しかしなんとも前の席との間がせまい。

これが難ありだったのです。

私の列は劇中お嬢様が途中入場していらっしゃいました。

せまいから移動するのにまごまごと時間がかかるのです。

途中優馬さんのお顔ではなく、そのお嬢様のお尻しか見えなくなること数秒。

やれやれ・・・と見ていたら就活スーツに就活バック。

すぐによいがな、よいがな、となったのでございます。

 

でもこれじゃあ180の大男は連れて来れません。

トイレの近いおじさまは連れてこれません。

再演の時にはちょっと考慮してねとアンケートには書いておきました。

 

でもですね!パンフ売り場のおねえさんが素敵な笑顔だったの。

これはうれしかった!

なんか笑顔と笑顔で会話してみた。

あとスタッフのリーダーらしい男性の方の仕事っぷりがすばらしかった。

的確に指示を出して大きな声も出してくれてた。

大きな声にもいろいろあるけど素敵な声だったのです。

 

多分舞台の内容と劇場がいまいちマッチしなかったのではないかな?

ミュージカルとかコンサートにむいてる会場だったように思いました。

 

で、スタッフさんですよ!

特に衣装さんと大道具さん。

とか書いていたら

『あ~照明さんもよかったなぁ』

『人形も出演者の一部だったなぁ』

『中原先生の机の上に乗ってる文房具とかも結構よかったんだよなぁ』

『後ろに飾ってある写真もそうそうよかったの』

『伸びのある歌声もいい役割してた』

となりいくらでもでてくるのでこれはまるっとすばらしかったのではないでしょうか!

 

まずは衣装。

中原先生は基本白。

これにちょっと組み合わせて年齢とその時の先生の立ち位置や心の内も表現されていたように思います。

最初はういういしい中原先生。

きっと幼い。

白いジャケットに黒いおりぼん。

このジャケットが肩パットがなかなかでwww

でも髪もかわゆい感じにセットして。

声も少々高め。

何事にも興味しんしん?なのか?

んっ?自分の好きなことだけに興味があるのか?

よ~わからんっ!

なぜならこのあたりのシーン、優馬くんの演技を観るのに必死だからwww

ただね。

上手にある先生愛用の机に座るときとかお膝そろえてちょこん感がでててちょ~可愛かった!

ドライフラワーの説明したり

いちご食べたり

ちょっと笑える子芝居をしてたからなんかふわっとして気持ちよかった。

ジャケットからカーディガンになると先生オタクまるだし。

語る!語る!

カジュアル感がでててよいよい。

お人形を作るときはシャツ1枚に腕まくり。

これも作業中って感じでよいよい。

 

そして2幕。

ミュージカルやろうぜ!と血気盛んな先生。

この時はスーツはダブル。白ネクタイ。

髪はくずれることなく7.3分け。

めがねもかけちゃいます。

よいよい。

 

この後『そうだ!舞子くんにミュージカルに出てもらおう!』となり

『そうだ!そうしよう!』

と天沢くんとお出かけ。

お出かけだからハット。

これがまたまた似合う。

品があってすばらしい。

肩パットもすばらしいwww

このあと舞子ちゃんのショーを見たり先生の持論を語ったりするときにハットがいい動きをするのです。

小道具ナイスっ!

 

先生はそのあと病に冒されていきます。

ので部屋にいることが多くなっているのでしょうね。

部屋だから裸足です。

ここでは長めのカーディガンをはおります。

苦しむことも多いので髪もちょっと乱れてることが多くなります。

 

白にこだわった衣装。

それにあわせるもので変えていく。

いや~面白かった!

 

そして他のキャストの衣装も面白いのです。

天沢くんは最後ゴージャスなコート着ちゃいます。

歌手として売れちゃったからwww

ファーなぞつけちゃってwww

 

桜木くんも基本地味ですがラストお仕事をしっかりやっているのでしょうね。

先生っぽい衣装を着ていました。

 

舞子ちゃんもほんといろいろwww

ショーの時はどこまで脱ぐ?とそんなとこばっか気になってwww

(踊り子さんの動きがよくできていた・・・と思ったら監督~浅草行ったっしょ?)

ラストは先生から頂いたドレスを着て登場。

ここがね!靴が赤でよかったのですよ~。

MOEでモデルさんが着てるときが黒のパンプスで。

私凄く違和感あって。

舞子ちゃんがういういしくて。

ポニーテールで。

衣装さん万歳っ!な世界。

 

中原先生の次に私が衣装で好きだったのが編集長の秘書的なお仕事をしていた元内弥生嬢。

ラストは桜木の上司になっていたような・・・(笑)

このラストのできるおんなっぷりの衣装が好き。

 

2列目だったので大道具さんの仕事っぷりもよく見えました。

影の存在で…でもあの方々が自分の仕事をミスしたり気を使ってくれなかったりしたら芝居がめちゃくちゃになってしまうとも思うのです。

ほんとありがたや~ですっ!

だって真っ暗な舞台上で全身真っ黒な格好で腰を屈めセットを移動させてくれてるんですよ!

あっ…そこでお仕事してるのねと思うといつの間にかいなくなってるんですよ。

 

パンフレットで佐戸井さんがおっしゃってくださった言葉ですごく嬉しい言葉があったのです。

『あれだけセリフが多くて出ずっぱりなんだし、一生懸命やればあとは周りが盛り上げるから!真摯にやってる姿がみんなの力になるよ』

もうこれが嬉しくて、嬉しくて。

キャストの方々だけじゃなくてスタッフの皆さんもそれぞれの持ち場でのお仕事を必死に勤めて下さったってのがなんかあって。だからこの言葉が嬉しくて。

私はそう感じたのです。

 

優馬くんがそれこそ真摯に真面目に必死に稽古をしてきた時間をそばで見てくださっていたであろうから。

 

優馬くんは多分不器用だと思うんです。

でも真面目なんだと思うんです。

 

佐戸井さんも1番最初はジャニーズか・・・って思ったはずなんです。

バッテリーで坊主にしたのが優馬くんだと思っていたくらいたいして興味もなかったと思うんです。

それが会見でセリフ覚えの話になったとき「優馬が~」って呼び捨てで読んでくれて。

呼び捨て大好きなわたくしはこの時点で涙もんで。

 

ほんと素敵な出会いがあって優馬くん良かったね!

となってまったくもってうるうるうるうるしている私を置いてきぼりにして皆さま次のお仕事に向かってらしてwww

さすがだ!

と感心していたら雄大くんが一人ドツボにおちていたってことを知るわけですよ。

雄大くん!今度一緒に酒でも飲もうや~(わたし飲めないけどな)

 

と雄大くん!いいよ!素直でいいよ!

となっていたらバーベキューの話がでてきたわけですよwwww

それもドリアンカンパニーとそれいゆカンパニーとスタッフwww

スタッフも参加~?

いいなぁ~♪

楽しいに決まってるじゃんっ!

優馬くん幸せに決まってるじゃんっ!

ほんとチーム優馬って優馬くんを幸せにすることを生きがいに仕事してるよね!

ってことは私もチーム優馬の一員の資格はもってると思うんだ!

だからバーベキュー参加していいかな?