読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それいゆ及び我らが王子についての現時点での私の気持ちをまとめておこうと思う。

それいゆ観劇。

なかなか話が頭に入ってこない。

観劇前に目にした数々の言葉が脳裏をかすめる。

発声ができてないじゃないか!

一本調子の演技じゃない?

なんか動きがあれだよね?あれ古畑さんじゃない?

稽古時間がたくさんあっただろうに?

と書いてる人は数人なのにその数人のネット上に残るワードがいつまでも気にかかる。

 

そんな時・・・いつも元気をもらうブロガーさんのお部屋にお邪魔する。

しかしこのブログもコメントが最近荒れる(私的目線www)のでお邪魔するのを躊躇っていたのです。

でもどんなに彼を否定されてもここのお部屋の方は全てうけとめてらっしゃるのがすごい!

そういう人に私はなりたい( ・`д・´)

いやっ!

コメントを受け付けていない時点でなれないwww

 

とまぁ元気を頂いたのですよ。

なんとなく記録として残しておくならば・・・

『芸達者な役者さんの中で彼はまだまだだ。でも比べるのは周りの役者さんではなくて去年の優馬くん』

なるほど。

そしてコメント欄では

『彼は上手いのか下手なのかわからない』

フムフム。

『応援に正解も不正解もないのではないかな』

フムフム。

なんて勉強になるのでしょう。

 

観劇前にこの言葉を何度読み返したことでしょう。

 

そして驚くべきはこのあと!

なんとこの方に観劇後にお会いできたのです。

勿論お礼を言いました。

べーべー泣いて化粧もとれた悲惨なお顔でお礼をいうことができました。

うれしかったなぁ。

 

そして

『彼がすごく遠くに感じる。ほんとに大きくなっちゃったね』

とお友達とお話されたようですが・・・

私が今回号泣だったのもここなんです。

 

物語の間、私はずっと中山優馬をみていました。

なかなか中原先生には見れず・・・。

でも最後の最後中原先生は天沢くんに言われます。

『先生あなたは間違っています』

え~~~~!!!!!

天沢くん、先生を否定しちゃうの~~~。

え~~~先生悲しそうなお顔だよ~~~。

・・・・・ってっことは・・・・中原先生としてこのお芝居観てんじゃん!?

中山優馬じゃなくてちゃんと中原先生として観てんじゃん!

 

ラスト中原先生はすごく優しい笑みを浮かべて人形を作っています。

あれはお若い中原先生なんじゃないかな?

とか思うんだけどとにかく涙がガーガー出てくるので脳みそがうまく働きませんwww

粘土で作ってるイメージだったのですね私の中では。

で何度も何度もつぶしては作る、つぶしては作る…。

そんな気がしていたあのお人形。

中原先生は最後ハサミで何かをチョンと切りました。

糸かな~ドレスを着せて完成だったのかな~。

などと思いながら私の中でそれいゆ観劇が終わりました。

 

私が『ん~』と思ったのは舞台が始まってすぐの声の出し方。

確かにこれか・・・これのことを言ってるのか・・・と。

でもそこだけだった!

一本調子ってどこのことだろう?

私はすごく『間』の取り方が上手くなっていたように思いました。

『間』が上手いから芝居がキレイに入ってくる。

そう感じました。

まぁ人それぞれよねっ!

こんなとこで満足してんなよ!って方もいるだろうし。

ボロボロの私に

『ねっ!成長してたでしょ?』

と背中を押して下さったゆまともさん♪

本当にありがとう!

泣きすぎて頭ガンガンな夜

『私達が応援してる男はとっても素敵な人だから。信じて応援していきましょうね』

と素敵な言葉を下さってありがとう!

寝ようと思ってたのにまたベーベー泣かして下さってありがとうwww

 

ふふっ♪

こうして打ち込んでいてもウルウルきちゃいます。

それくらい彼の応援が私の中で占める割合が高いのだろうと思います。

平和なヤツです。

笑ってくださいヽ(*´▽)ノ♪

 

そうそう!

先日テレビで総理大臣さまをはじめとしたお偉い方々がマイクを持ってあーだこーだと訴えておりました。

右手にマイク。

そして左手はあの舞台上の中原先生とまるっきり同じだったのです!

なんだ!これか!

人に自分の意見を強く訴える時に人は手で感情を現すのではないかしら?

 

となり・・・

あの中原先生でいいんだよ~

あの動きでいいんだよ~優馬くん♪

となりました。

 

そして思った!

これから優馬くんが魅せてくれるストリートプレイは2回は観ようと。

頑固に1回しか観ないなんて言ってるからだめなんだと。