読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八神くんはピッカピカの大学一年生の巻。

日舞台挨拶の日、私達は映画を見てからの舞台挨拶でした。

ってことは試写会を除くと初日も初日。
あまりネタバレがされていないってことですよ。

原作は読み込んだし、予告は飽きるほど見たけども。

冒頭がね…
自殺する女子生徒からのスタートでね。
せっかく『中山優馬』って出てるのに画面は太め女子の背中だったのがね…
なんともね…
残念だった。

で、記念すべき優馬さんが初めて映るぞーってシーンがね…
踏切でランドセル背負った少女(幽霊的な)を見ちゃって来た道を引き返す…
ってなシーンだったのだけれどね…
優馬さんったらね(笑)
おひげがね(笑)
なかなかに…あれで…あれだったのですよ(笑)

butterflyのPVの時になんか塗ってたじゃないですか?

なんであれ塗らなかった?
ってちょい残念に思ってたんですけどね…

八神くんは、めっちゃ普通の子なんですよ!
化粧なんかしちゃダメなんですよ!
あれ、優馬さんの役作りってことっすよね?
ねっ!?

一浪の末、無事大学生になった八神くん。
学食で一人ご飯なんてへっちゃらさ!
で、なんとこよみちゃん発見!
好きな子がどこの大学行ったのかぐらい把握しとけよ!な世界。

ここで初ゼリフだったような記憶。

最初にこよみちゃんを見つけた時の演技が少々オーバーで(笑)
わたくしちょいビビってしまいました。
バイ
これヤバくないか?と。。。
すまんね、優馬さん。
信用しとらんファンで(笑)

お盆抱えて女子にぶつからないように食器を片付けます。
この動きがまあまあよかったから
大丈夫!大丈夫!と心の中で拝んでおりました。
『すいませぇん~』
なかなかお上手でした。
で、わたくしひと安心したのであります。

『あっ…あの~‼』
と予告でも流れたあのシーン。
こよみちゃんに
『八神…先輩?』
と言われた後の表情(の演技!)
ここが好きでねぇ。
ほんわか…まったり…ふわふわ…(*´∀`)
いい表情ができるようになったなぁ…とニマニマ。

大学構内を並んで歩く二人。
ここは予告にもありましたね。
八神くんはこよみちゃんの横顔が美しい♪と鼻の下伸ばしてます。
あのぼけぼけ~っとした顔最高でしたよね?!

で、八神くん得意のタイムスリップタイム!
時は高校の卒業式。
告白するつもりが…
ぶちゃいく猫を自分のカバンから引きちぎって(笑)プレゼント。

『灘!あのさぁ!あの…えっと…これあげる!!』
『いらないよな…』
『じゃ…また…』

ほんとヘタレなヤツである。
これが八神森司である。

してタイムスリップタイム終了。
時は大学構内、
場所はサークルのチラシがたくさん貼ってある掲示板の前。
現代に戻ってきた八神くん。

こよみちゃんに近寄るシーン。
はいっ!
わたくしこれダメだった!
人それぞれでしょうけど、私はダメだった!
でもこれは監督の案っしょ?
ちょい遊んでみたんでしょ?
違うかしら?
まぁ笑いはおきていたけど。
優馬くんが自分で考えたとは思えないよなぁ。

『こっ…こょ…』
呼べるわけがない(笑)
『オカルト研究会?』
『なんでまたオカルトなの?』

ここは好きな言い回し。
好みの問題もあるだろうけど、私は好きです(*^^*)

で画面は誰もいない部室に
縦書きで『ホーンテッドキャンパス』
これよかった~♪
部室がなんとなくいい感じに暗めで。
でもテーブルの上は綺麗に片付いていて。
イスが綺麗に納まっていて。


優馬くんのナレーションに
縦書きの映画タイトルヽ(*´▽)ノ♪


ワクワクのはじまりです。
この時点で不安要素は無くなっていたのでした。